忍者ブログ

日常的戦争跡地

管理人「山路 凌華(ヤマミチ リョウカ)」がペンタブに慣れる為にそれなりの奮闘をしている絵ブログです。 コメントやお友達宣言等々大歓迎~。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

05.28.14:04

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/28/14:04

04.14.18:36

青葉からのバトゥーン

なんかめちゃくちゃ長い「ストーリーバトン」なるものがまわってきました。

とりあえず冒険に出てみることにします。でわ。

ストーリーバトン
<ストーリー>
ある日、世界が悪魔に征服されました。
悪魔を倒しに行こうと立ち上がった者が大勢いましたが、みんなやられてしまいました。
その事実を知った他の者達は、戦意を失ってしまいました。


第1章『出発の時』


◆あなたの名前と職業は?
凌華。冬眠中の熊のように惰眠を貪る職場にいつかつきたいと思います。(無理だ)
・・・すいません、学生です。

◆これから悪魔を倒しに行きますが、何を持っていきますか?
体力があまりないので、持っていける道具は3つのみです。

Aー大剣
Bーチャリンコ(カゴ付きのマウンテンバイクを強く希望)
Cー肉焼きセット


第2章『山道で・・・』


◆山道で、魔物と遭遇しました。
持ってきた道具を使ってどうやって倒しますか?

とりあえず肉焼きセットが壊れない様に注意して大剣でぶったたき。


◆倒したあとのキメ台詞はなんですか?
またつまらぬものを斬ってしまったげふんごふん!
「この私が貴様ごときに殺られるとでも思ったのか。凡愚め」


第3章『砂漠で・・・』


◆・・・・・・・・道に迷いました。どうしますか?
一人が急に怖くなって心臓がバクバクしてきたのでとりあえず深呼吸をする

◆取った行動は、全くの無意味でした。どうしますか?
めまい&幻覚&何か出てきそうな吐き気におぼれる

◆・・・・・・・・さらに無意味でした。しかし、そこへ神様が現れ、あなたを砂漠から脱出させてくれました。お礼の言葉は?
「あ~っす。(ありがとうございます)」(軽ッ!


第4章『悪魔の城へと続く道』


◆ここまで来ると、さすがに強敵ばかり現れます。そこであなたはこう考えました。
「そろそろ新技が必要だな・・・」
その新技を習得するための修行はどんな修行?

瞑想をして全てを無にし、無にした上で襲いかかる睡魔と手をつなぎタップダンス踊る修行。
(ようするに惰眠を貪る修行)

◆新技を習得するのにどれくらい時間がかかると思いますか?
睡魔とのタップダンスに夢中になってしまったので3ヶ月ぐらい

◆新技の名前は?
私と睡魔のタップダンスコンボ

◆新技を習得し、先へ進むと門がありました。そこには何がいますか?
タップダンスの神

◆「↑の解答」は敵みたいです。新技を使ってみました。その時の相手のセリフは?
「俺様のタップ(ダンス)に付いて来れるかな・・・?」

◆・・・・・・・あっけなく倒せました。門が開き中へ入ると、城にはカギがかかってました。呪文を唱えると開くみたいです。どんな呪文?
「睡魔は私を裏切って、タップ(ダンス)の神と一緒にタップップ~」


第5章『悪魔城:1階』


◆城の中に入ると、突然お腹が痛くなってきました。その原因は?
肉焼きセットで焼いた肉が半生だった

◆その状態のまま最上階を目指していきます。2階へ上がる階段の前にとても強そうな敵がいます。戦える状態ではないので話し合いをしようと試みます。どんな会話?
*追加してもらっても、減らしてもらっても構いません。
  ↓


あなた「あ゛~~~、ムリ、もうムリ腹イタイ・・・!

敵「クハハハ!!勇者とあろうものが半生の肉で腹痛とは!フンッ、間抜けなやつめ!

あなた「あ゛~、もうダルイ、ってか何で勇者が私に回ってきたんだよ、ったくありえねェ、・・・あ、そうかじゃんけんで勝ったんだっけ。ってかなんで勝ったのにこんな面倒くさいこと・・・ブツブツ・・・ブツブツ・・・」(←無視)

敵「・・・」

あなた「・・・勇者なんてやめてやろうかな、つか渋々ながらも勇者になったのってさ、民家勝手に入ってタンスあさって1000G(ゴールド)をぬきとってたり、そうゆうオプションがついてたからであって、けして自分が焼いた生肉にあたったり砂漠で迷子になったりするためではないわけで・・・ブツブツ・・・ブツブツ・・・

敵「・・・・・;;(腹痛の癖によく喋るな、コイツ・・・)」

あなた「・・・ブツブツ・・・ブツブツ・・・

敵「・・・・・・・;;;(はやく止めないと勇者辞めかねないな・・・どうしよ・・・)」

あなた「・・・ブツブツ・・・ブツブツ・・・

敵「・・・おい、ソコのお間抜け腹痛根暗勇者。」

あなた「・・・ブツブツ・・・ブツ・・・なんですか、なんなんですか、こちとら腹がメチャクチャ痛いんだよ、機嫌悪いんだよ、つうかお前のせいで悪くなっていくんだよ、ありえないでしょ、普通回復の泉とかあってもいい場面でしょ、セーブできるでし」

敵「だ~~~~!!!!分かった!解ったから!腹痛に効く薬やるから勘弁してくれ!」





◆3時間近くにも及ぶ会話の末、ようやく戦闘モードに突入です。相手の弱点はどこだと思いますか?
先ほどの会話からブツブツと文句を言われ、精神的な攻撃をするとよく効くことが立証できたので精神。

◆勘が当たったみたいで、一発で倒せました。しかし、その戦闘で持ってきた道具、AとCを失ってしまいました。その時のあなたの心境は?
ヤッタ、チャリンコは失わなかったか☆

◆そして、いつの間にか腹痛も治っていました。治った原因は何ですか?
精神的攻撃に弱い敵から貰った腹痛に効く薬。

でわなくて、実は神経性胃炎だったらしく、先ほどの憂さ晴らしでのストレス発散が原因かと。


第6章『悪魔城:2階』


◆2階に上がると、敵が全くいませんでした。しかし、上へと続く階段が見つかりません。
どこにあると思いますか?

心の中に☆・・・飾ってある甲冑の後

◆残念ながら、あなたの勘はハズレのようです。あなたはまた探し始めます。そんな中、どこからともなく声が聞こえてきます。なんて聞こえますか?
う~~し~~ろ~~の~と~び~ら~

◆その声は、天井から聞こえてきます。天井を探ってみると、小学校でよく見かける登り棒が出てきました。登り棒は得意ですか?
ハハハッ、愚問だね☆得意なわけないじゃない+°'.*°

◆その登り棒を登っていくと、さっきまでどこにも敵はいなかったのに下からどんどん登ってくるではありませんか!この危機的状況をどう乗り切りますか?20字以内で答えよ。
イヤァァァァァァァアアアアア!!!と叫びながら登り棒の棒を激しく揺らす

◆あなたの取った行動により、なんとか凌ぐことができました。感想は?
いや・・・ハァッ、そのっハァッ・・・ゼーゼー・・・


第7章『悪魔城:最上階』


◆いつの間にか最上階です。登り棒のせいでだいぶ体力を消耗しました。そこで、少し休もうと思います。どれくらい休みますか?
できる限り長く。(希望25時間)

◆休んでいると、いつの間にか眠ってしまいました。そこへ敵が現れ、眠った状態のまま地下牢へ・・・・・・・
おきた時のあなたの第一声は?

お母さん!起こしてって言ったじゃない!!!

◆こんなところで終わるわけにはいきません。なんとあなたの持っていた最後の道具で牢のカギが開きました。牢から出られた感想は?
ちゃっチャリンコが・・・チャリンコで?  ・・・ラッキー☆

◆牢から出ると、最上階への直通エレベーターがあるではないか!!このエレベーターの操作方法は?
九九の7の段をものすごい勢いで唱える(間違うと落ちる)

◆なんとか最上階まで戻って来れました。さぁ、悪魔はどこにいるのでしょうか。どうやって探しますか?
もち、チャリンコに乗ってルンルン悪魔が好きそうな禍禍しい曲を歌う

◆しかし、なかなか見つかりません。どうやら今は留守のようです。帰ってくるまで待つことにしました。何をして待ってますか?
久しぶりにチャリンコ暴走族になる(8の字走行)

◆1時間後、ようやく悪魔が城に帰ってきたみたいです。部屋に入っていきました。ここで意気込みを聞かせてください。
海賊王に、俺はなる!
とりあえず死なない程度にがんばるどー!

◆あなたが部屋に突入した時の悪魔の第一声は?
あっ、すいません!部屋間違えましたっっ!


最終章『決戦』


◆悪魔が攻撃してきました!こちらも攻撃開始です。持ってきた道具は1つしか残ってません。どうやって戦いますか?
チャリンクラッシャァァァァアアアア!!!(チャリンコを力の限り相手に叩きつける)

◆互角です。悪魔は本気を出してきました。持っていた道具が壊れました!その時のあなたの心境は?
クラッシュっていっちゃったしなー・・・。けどこんなにクラッシュするなんて・・・。

◆このままでは勝てないと判断したあなたは友達を召喚することにしました。だれを召喚しますか?マイミクの中から一人選びなさい。
マイミク=マイ ミクロマン
「ミクロマーーーーン!!」

◆お友達と協力してもまだ勝てそうにありません。もう一人召喚してください。
「・・・ミクロマーーーーン!!!

◆3人で協力して戦っています。そんな中、携帯電話が鳴り始めました。お友達の一人に電話がかかってきたようです。お友達は電話に出ました。電話はどんな内容ですか?
ミクロマン出動要請の電話。ある小さいお爺さんからの呼び出しだそうです
(皆さん、もとネタがわかりますか・・・・;;)

◆悪魔も電話の内容が気になってきたようです。しょうがないから、電話の内容を教えてあげました。悪魔はなんと答えましたか?
「・・・マジデか。」(気にしなきゃよかった。という顔で)


◆悪魔は、うっかり今の発言で弱点を喋ってしまいました。その弱点とは?
おかんからの電話

◆弱点を聞いた3人は、早速行動に移しました。大ダメージのようです。あと何分で倒せそうですか?
おかんの長電話が終了するまでなので・・・5時間強、でしょうか。

◆・・・・・・・・予想していた時間よりも長引いています。そろそろみんな体力の限界です。
あなたは最後の一撃に出ようと思い、技名を叫びながら突撃しました!その技名は?

お母さんはね!そんな子に育てた覚えはありません!!!お耳クラッシャー

◆悪魔も最後の一撃に出てきました!その時の悪魔のセリフは何?
俺様が・・・惑星べジータの王子が・・・!こんな下級戦士なんかに負けるはずが・・・!!
(↑もとネタわかりますでしょうか)
「貴様ァァァァアアア・・・!!!!」

◆まだ耐えるのか!・・・・・・・と思いきや、悪魔は力尽き消えてなくなりました。
あなたは勝ったのです。キメ台詞は何ですか?
「この私が貴様ごときに殺られるとでも思ったのか。凡愚め」

◆最初に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
「オイ、ミクロ杉田、要請はいってんじゃなかったの?」

◆次に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
「あ・・・やっべ、どうしようミクロ武田、もう間に合わねぇや」
「どうでもいいんじゃね?」
「・・・だよな」

◆ついに悪魔を倒し、世界に平和が戻りました。さぁ、帰宅です。どうやって帰りますか?
クラッシャーマウンテン(壊れたマウンテンバイク)を乗せながら帰ります。(徒歩)

【エンディング】
バトンを回したい人を書き出して、スタッフ紹介を完成させよう。
悪魔・・・裏方1
召喚された友達(2人)・・・ 裏方2、町のおばさん
神様・・・ソコラ辺のひげの長いお爺さん
2階へ上がる階段の前の敵・・・神経質なお兄さん
天井からの声の主・・・ BIGな声優さん
あなたを地下牢へ連れて行った人・・・警察

もー、長すぎ・・・;;


おしまい。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら